シャビーシック インテリアの作り方 -  7つのポイント
アニースローン チョークペイントで出来ること

シャビーシック スタイルとは、何年も使い込んだような古さを演出し、よりロマンチックでガーリー、味わい深くおしゃれで優雅な雰囲気でコーディネイトしたインテリアスタイルです。

ご存知でしたか!? そんなおしゃれなインテリアがアニースローン チョークペイントを使って簡単に表現できちゃうことを。 それではまず、シャビーシック インテリアのポイントを抑えることから始めましょう。

基本編 :

1. 白色を基調とする

2. 使い古されたような塗装が剥げた家具

3. ヴィンテージ・アンティークアイテム


シャビーシックインテリア1

どうですか。メインの家具が剥げて古ぼけていますが、純白の白色の壁と床が清潔感を演出して、古さと上品さが絶妙にバランスされ、飾られたアンティークの小物が優雅さを醸し出していますね。 ここでの最大の見せ場は真ん中に鎮座する塗装が剥げた大きなテーブルです。シャビーシックインテリアのポイントは経年劣化のエージング塗装をただ汚すのではなく、使用によるやれ(経年劣化)感を演出することです。

中級編 :

4. 淡いパステルカラー・ニュートラルカラー・グレーカラーのアクセント

5. コットン・リネン・レースのナチュラル素材のファブリック


シャビーシックインテリア2

どうですか。白色のお部屋に柔らかなパステル、ニュートラル、グレーを追加することで微妙なヴィンテージ感が追加され、静かな雰囲気を演出してくれます。また、小物による激しく大胆な色は少量使いで興奮とエネルギーを与えてくれます。 またパステル調のファブリックをクッションやカーテン使いにすることで部屋全体に柔らかな雰囲気を加えることができます。

上級編 : 

6. フレンチテイスト(シャンデリア・マントルピース・ミラー・キャンドル)

7. 花・花柄


シャビーシックインテリア3

シャビーシックを語る時フレンチ要素は欠かせません。クリスタルなシャンデリアを加えることでシンプルでありながらエレガントさを演出できます。マントルピースとミラーは王道中の王道ですね。 最後にエレガントさを加えるのに忘れてならないのは花もしくは花柄のクッションやファブリックです。


いかがでしたか。シャビーシック インテリアの7つの特徴を押さえたところで、もうお分かりですよね! そう、シャビーシックのポイントは色です。色といえばアニースローン。アニースローンのチョークペイントさえあればシャビーシック インテリアの大部分が準備できてしまうのです!!


アニースローン チョークペイントで出来るシャビーシック インテリア

1. 白色を基調にした壁や家具の色使いにパステルカラー、ニュートラルカラー、グレーカラーどれもアニースローンの得意とする色ですよね。このカラーパレットさえあれば色選びを迷うことがありません。

関連記事 : チョークペインで壁の塗り替え挑戦! - DIY編

シャビーシックカラーパレット

 

2. アンティークエージング塗装のシャビーシック家具は、塗料が剥げかけて見えるようにペイントしたり、使用感を演出するためヤスリをかけたりします。チョークペイントはエージング塗装にもってこいの塗料となります。

関連記事 : アニースローン チョークペイントの使い方

シャビーシックインテリア5


3.チョークペイントは自然素材のファブリックをお好みの色で染めることができます! 壁や家具に合わせてファブリックを染めて調和させることができます。

関連記事 : 驚き - チョークペイントで生地を染める
 
シャビーシックインテリア6

もうお分かりですよね。シャビーシック インテリアを実現するためにリフォーム屋さんにお願いしたり、新しい家具を購入する必要はありません。アニースローン チョークペイントさえあれば大方のことができてしまいます。壁や床を白色基調でペイントし、メインとなる家具にグレー系、ナチュラル系でエージング加工を施して使い込んだような古さを加え、カーテンやクッションをパステルカラーで染め、最後にお気に入りの小物をディスプレーしたら出来上がりです。さあ、アニースローン チョークペイントを使ってDIYリノベーションでシャビーシックインテリアを手に入れましょう!!

シャビーシックインテリア7

関連記事 : チョークペイントでお部屋のペイント リノベーション - DIY編

コンテンツを見る