役に立つチョークペイント・ウォールペイントの使い方 Q&A

チョークペイント&ウォールペイント

 
チョークペイントの使い方


おおよその目安として、1リットルのチョークペイント®は約13平方メートル、カップボードもしくは食器棚に相当します。 ほとんどの場合、1回の塗装で十分です。チョークペイント®は、ほぼすべての表面に付着し、塗装前に砂や下塗りをする必要はほとんどありません。 はじめに、使用する前にポットを逆さにして振ってください。次に、開いてよくかき混ぜます。塗料が濃すぎる場合は、水を少し加えてかき混ぜます。最良の結果を得るには、チョークペイントブラシなどの高品質のペイントブラシを使用してペイントを適用することをお勧めします。 チョークペイントワックス処理の上にチョークペイント®をペイントできます。

関連記事:アニースローン チョークペインについて
関連記事:さあ、楽しいペイントをはじめましょう!
 

チョークペイント ワックスの塗布


チョークペイント ワックスは、チョークペイント®に最適です。実際、私たちはそれが不可欠なパートナーだと思います!それは耐久性を追加し、色を深め、非常にわずかな光沢を与えてくれます。センセーショナルな結果を得るのは本当に簡単です。ウエスまたはチョークペイント ワックスブラシを使用して、チョークペイント塗装面全体に適用します。 非常に大まかなガイドとして、3〜4リットルのチョークペイント®ごとに500 mlのワックスが必要です。もちろん、これは、作品を覆うために使用する塗料またはワックスのコートの数によって異なります。そして、常に修正用として若干のワックスを残しておくことが最善です。ふたをしっかり閉めて保管することで、無期限に使用できます。
●ワックスの塗布は、チョークペイント塗装面に「押し込む」ように適用することで最良の結果が得られます。ハンドクリームを皮膚全体に塗りこむ感じで、同じようにチョークペイント ワックスを扱ってください! ウエスで余分なワックスを取り除きます。まだバフがけはしないでください。ワックスを24時間乾かしてから、綺麗なウエスでバフがけするか、マットな仕上がりを保つ場合はそのままにしておきます。
●少なすぎず多すぎず、やや控えめにしてワックスを厚く塗る必要はありません。ワックスは塗布後、しばらくすると表面は乾きます。
●一度に狭い範囲ごとに作業を進めることでワックスが作業中乾かないようにします。
ブラシストロークを強調させ、経年変化の効果を出すには、ダーク、ブラック、またはホワイトのチョークペイントワックスをブラシストロークの隙間に入れ、クリアチョークペイントワックスで拭いて整え、完璧な結果を得ます。カラーワックスを塗る前に、必ずクリアチョークペイントワックスを塗ってください。これにより、色をコントロールできます。 ワックスは表面はすぐに乾きますが、硬化または「完全定着」に時間がかかります。「硬化」プロセスは、周囲の温度に応じて5〜21日かかる場合があります。 本当に良い光沢を実現したい場合は、バフする前に約24時間待ってください。 チョークペイントワックスは、完全に硬化後は適用した作品が食品に接触しても安全です。


関連記事:チョークペイントのベストパートナー / チョークペイント ワックス
関連記事:クリアーワックスの役割と使いかた
関連記事:家具をヴィンテージにする方法 / ブラックワックスを使った簡単エージング塗装
 

チョークペイント ワックスの硬化を可能にする


チョークペイントワックスを塗った後、手で触れるとすぐに乾くのがわかります。この段階では、それはまだ「ソフト」と呼ばれ状態です。ワックスの溶剤が蒸発するにつれて、固まり始めます。この硬化プロセスは「完全定着」として知られています。完全定着は、周囲温度に応じて5〜21日かかります。 もちろん、完成した作品をすぐに使用することもできますが、ワックスが完全に硬化するまで、細心の注意を払って処理する必要がある場合があります(コースターを使用したり、鋭利な物体を近ずけないでください)。硬化が完全定着すると、チョークペイントで仕上げられ、ワックスで仕上げられた家具は、通常の磨耗に耐えます。 チョークペイントワックスは、完全に硬化すると食品に触れても安全です。
 

チョークペイント カラーの範囲を拡大する


チョークペイント®のカラーパレット44色は、柔らかく淡い色から明るくて強い色まで取り揃えています。アニースローンの丁寧に選択された色の種類は、混色により、色を拡張し無限の可能性を生み出せるほど柔軟です。 色を薄くしたい場合は、オールドホワイトまたはピュアを追加します。オールドホワイトは柔らかなアンティーク感を表現し、ピュアはシャープなモダンな色にします。混色は試験をして、必要な比率を大まかに調べます。指を使って色を軽く混ぜたり、小さじ1杯で少量を作って試します。量が多い場合は、メジャーとしてカップまたは缶を使用することもできます。 選択した色の小さじから始め、オールドホワイトまたはピュアをゆっくりと追加します。プロヴァンスの小さじ1とオールドホワイトの小さじ2の比率は1対2で、古い色あせたフレンチシャッターのように、柔らかく淡い黄色の素敵なターコイズ色になります。ピュアを使用すると、色がよりクリーンでフレッシュになり、よりヴィンテージな1950年代の外観になります。 再現したい場合に備えて、作成した色のサンプルをチョークペイント ワークブックに保存しておくと便利です。 色の混合の詳細については、Annieの本「インテリアペイントのためのカラーレシピ」を参照してください。
 

塗料に染みがにじんだ場合の対処方


新しい未処理の木材に作業している場合は、透明なシェラック(節止め、ヤニ止め溶液)を木の節や開いた木目に適用する必要があります。これにより、塗料からにじみ出る可能性のあるタンニン(ヤニ)がブロックされます。 まれに、最初の塗装で染みがにじむ場合があります。これは、以前の油性仕上げによることが多く、1930年代と1940年代の古い作品で発生する可能性が最も高くなります。 塗料に染みのにじみが見られる場合は、既に塗った塗料の上に直接、透明なシェラック節止め、ヤニ止め溶液)を塗ってください。影響を受ける表面全体を処理することで、最終仕上げでの浮き上がる斑点を回避できます。布パッドで均等にシェラックを1〜2コートすると、汚れがブロックされます。数分で乾き、塗装を開始することができます!
 

壁にチョークペイントを使用する


アニースローン ウォールペイントブラシのような大きなブラシで壁にチョークペイントを適用します。ブラシはローラーよりも塗料の消費量が少なく、最終仕上げに深みと質感を追加します。その後、大きなブラシで壁にワックスをかけるか、そのままにしておくことができます。寝室の壁は、柔らかく、マットで、ワックスをかけない仕上げで見栄えがします。毎日の拭き掃除が可能な仕上げが必要なキッチンや洗面所の壁には、アニースローンウォールペイントをお勧めします。

関連記事:チョークペイントで壁の塗り替え
関連記事:失敗しないDIYペイントの選び方 / チョークペイントを選ぶ理由
関連記事:チョークペイントでお部屋のペイントリノベーション
関連記事:チョークペイントとウォールペイントの違い?
 

床でのチョークペイント®の使用


チョークペイント®は、古いコンクリートや木製の床にニスが塗られていても直接塗装できます。耐久性を高めるために、チョークペイント®を2、3回塗り、次にスポンジローラーでチョークペイントラッカーを塗るだけです。 開始する前に、床のいくつかの領域で塗料とラッカーを常にテストし、汚れが染み出してこないかどうかを確認してください。 

関連記事:チョークペイントでお部屋のリノベーション / DIY編
 

金属でのチョークペイント®の使用


チョークペイント®は、金属加工を含むあらゆる種類のハードウェアに直接塗装することができます。チョークペイント®は、古い真鍮やその他の金属製器具や付属品を再装飾し、錆を覆い、錆の進行を遅くします。 錆びている部分は、塗装する前に紙やすりで磨き、防錆剤で処理する必要があります。
 

キッチンキャビネットでのチョークペイント®の使用


チョークペイント®をキャビネットの内外で使用すると、美しい結果を得ることができます。少なくとも2コートのペイントを塗布し、次に2つか3つのコートのチョークペイントワックスを塗布して、それらをシールして保護します。とってもシンプルです。

関連記事:チョークペイントで家具の塗り替え / DIY基本編
 

チョークペイント®を屋外で使用する


チョークペイント®は屋外でも使用できます!特にレンガ、コンクリート、石、テラコッタに適しています。庭の家具には、チョークペイントラッカーを使用します。 チョークペイントラッカーは、UV保護機能を内蔵した水性ポリアクリルニスで、耐水性があり、屋外での使用に最適です。 チョークペイント®は、チョークペイントラッカーで仕上げないと、太陽の下で色が時とともに経年劣化してゆきます。チョークペイント®は水性の装飾用塗料であり、耐候性や保護特性はありません。必要な外観とサイト固有の条件によっては、定期的に新しいコートが必要になる場合があります。 チョークペイント®は、チーク材やその他の油分の多い油性木材にはお勧めできません。疑わしい場合は、常にテストしてください!
 

チョークペイントラッカーの使用


目安として、750ml缶のチョークペイントラッカー1缶で19平方メートルをカバーしますが、これは床の吸収性によって異なります。ラッカーは常に非常に薄いコートで塗布する必要があります。結果は、作品表面の以前の処理によっても異なる場合があります。 チョークペイントラッカーを塗るときは、「浸透性」のある仕上上がりでのためタンニンや染みを木材から塗料に浸透させる可能性があることに注意してください。これは白で特に目立ち、黄色の染みとして現れます。プロジェクトを開始する前に、常にいくつかの領域でチョークペイント®ペイントとラッカーをテストしてください。汚れが見られる場合は、下塗りシーラーとして塗装する表面全体に直接チョークペイントラッカーを薄く塗ってから、再度塗装してラッカーを塗ります。
 

仕上げのお手入れ


一般的に、湿らせた/乾いたマイクロファイバーの布で軽くバフすることで、きれいになります。多くの場合、ワックスをかけた部分の頑固な跡は、布の上に少しのクリアー チョークペイントワックスを付け拭き取ることで取り除くことができます。使用するクリーナーは最終的にワックスをすり減らしますが、中性洗剤を使用したい場合は、布を使用して最初に目立たない領域でテストしてください。洗浄剤を定期的に使用すると、時間の経過とともに再ワックスが必要になる場合があります。 塗装面やワックス面を保護するために、常にヒートマットとコースターを使用してください。極端な温度や湿度に近づけないでください。ワックスはアルコールに溶けるため、バーで使用することはお勧めできません。 エアゾールスプレーポリッシュには、ワックスを溶解する可能性のある溶剤やシリコーンが含まれている可能性があるため、避けてください。
 

アニースローンブラシのお手入れ


チョークペイント®でペイントした後、温かい水でチョークペイント®ブラシをよく洗い、できるだけ多くの余分なペイントをブラシから絞り出し塗料を洗い流します。剛毛が下を向くように吊るして乾かします。 チョークペイントワックスをチョークペイントワックスブラシまたはチョークペイントブラシのどちらで塗布する場合でも、ブラシを温水と油切り石けんで洗うだけできれいになります。強力な洗剤は、天然の毛ブラシの寿命を縮める可能性があるので注意してください。

関連記事:チョークペイントで塗装する最良の方法 / ブラシがポイントです!
 

屋外でのウォールペイントの使用


ウォールペイントは屋外でも使用できますが、風雨にさらされると経年劣化します。必要に応じて、水性の外部ニスまたはシーラントを使用して、仕上げを保護できます。

関連記事:チョークペイントとウォールペイントの違い?
 

以前にニス塗装または光沢塗装された表面でのウォールペイントの使用


アニースローンウォールペイントは、以前にニス塗装または光沢塗装された表面に使用できますが、チョークペイント®と同じ接着性はありません。耐久性を高めるために、適切なプライマー(またはチョークペイント®のコート)をベースコートとしてお勧めします。
 

家具やキッチンの食器棚にウォールペイントを使用する


ウォールペイントは非常に耐久性のある仕上げとなるので、家具にも使用できますが、チョークペイントと同じ接着性はありません。 家具にはチョークペイント®を使用し、壁にはウォールペイントの使用をお勧めします。
 

アニースローン塗料を黒板として使用する


チョークペイント®とウォールペイントはどちらもマット仕上げで、黒板としてチョークで書くことができます。
 

ウォールペイントは通気性がありますか?


ウォールペイントには、非常に耐久性を高める成分が含まれています。しかしながらチョークペイント® と同じ通気性はありません。ライムプラスターまたは通気性のある塗料を必要とするその他の仕上げに塗装する場合は、チョークペイント®の使用をお勧めします。

関連記事:チョークペイントとウォールペイントの違い?

ウォールペイントはワックスを塗るか、ニスを塗る必要がありますか?


チョークペイントワックスまたはチョークペイントラッカーをウォールペイントで使用する必要はありません。

関連記事:チョークペイントとウォールペイントの違い?
 

損傷の修正または修復


すべての装飾用塗料と同様に、同じバッチの塗料で作業している場合でも、修正が必要な小さな領域に塗装することはお勧めできません。表面に最初の塗料を塗ると、水が表面に吸収される速度(ウィッキング)が最終的な色に影響します。後続のコートは、下のペイントによって異なる速度で吸収され、仕上がりに微妙な色合いの違いをもたらします。このため、修理が必要な場合は、壁の一部(コーナーからコーナー、上から下まで)や、家具の表面(例:引き出し前部)など特定エリアの再塗装を施し、部屋全体や家具全体を塗り直す必要はありません。
 

椅子張り用布と革でのチョークペイント®の使用


椅子張り用布の塗装に関しては、しっかりと布張りされた小さなアイテム(ダイニングの椅子のシートなど)と天然繊維(綿やリネンなど)で作られたものへの適用が最高の結果をもたらします。これらの場合、チョークペイント®は水で希釈して、繊維を染色する「ウォッシュ」として塗ることができます。この方法でペイントされたファブリックは、後でワックスをかける必要はありません。他の方法で椅子張り用布を塗装することもできますが、布地の部分を塗装するかどうかは、布の状態、色、構成、布地の固さ、使用している色(赤は色落ちが少ない)などの要素によって異なります。 さまざまな技法を試すことをためらわないでください。ペイントをより厚く塗布すると、生地の構成が変化し、生地が硬くなります。次に、ワックスをかけてバフをかけ、革のような効果を出すことができます。  どのプロジェクトでも、作品全体をペイントする前に、まず小さな領域でテストすることをお勧めします。原則として、クッション性の高いソファや椅子、または非常に頻繁に使用されるアイテムをペイントすることはお勧めしません。チョークペイント®を革やビニールに使用することもできます?薄いコートでカバレッジを構築し、ワックスで仕上げます。革は経年によってしわやひびが入るようにペンキもそうなるので、使い古したまたはクッション性のあるアイテムではこれに注意してください。
 

チョークペイント®を使用した布地のステンシル


チョークペイント®で生地をステンシルするには、スポンジローラーを使用して塗布します。塗料を薄める必要はありませんが、画像の縁がにじむのを防ぐため、ローラーに塗料をつけすぎないようにしてください。生地を自然乾燥させてから、タンブル乾燥または熱アイロンでプレスしてヒートシールします。
 

チョークペイント®を使用したディップ染色生地


チョークペイント®を使用したディップ染色は、生地の色を完全に変える優れた方法です。水を追加するだけで、色の強さを制御できます。リネン、綿、綿ボイル、合成カーテンはすべてこの技法でうまく機能します。模様入りの綿やリネンも使用できます。 オーブソンブルー、スカンジナビアピンク、アンティーブ、フローレンスなど、より深い着色色が最も効果的であることがわかりました。

関連記事:驚き - チョークペイントで生地を染める!?
 

暖炉、マントルピース、ラジエーター型ヒーターでのチョークペイント®の使用


チョークペイント®は、大理石、石、木、レンガの暖炉に非常によく密着し、下塗りは必要ありません。ラジエーター型ヒーターにも使用可能!塗料が割れないように、塗装を始める前にラジエーター型ヒーターまたは暖炉が冷たいことを確認してください。必要に応じて、塗料をワックスで密封しないままにするか、クリア チョークペイントワックスで仕上げることができます。ワックスを熱にさらす前に、48時間放置して硬化させることを忘れないでください。
 

噴霧器でのチョークペイント®の使用


チョークペイント®はスプレーできますが、特定の噴霧器での結果を得るには実験を行う必要があります。知っておくべき最も重要なことは、水に対する塗料の「魔法の」比率はなく、各塗料の色はわずかに異なる粘度を持っているため、スプレーするたびに調整する必要があるということです。 まず、エアレススプレーを使用することはお勧めしません。チョークペイント®の高固形分はノズルを損傷します。 暖かい絵の具はよりよくスプレーして落ち着きます。非常に熱いお湯のベインマリーポットに15分間、チョークペイント®の缶を置きます。開始点として、きれいな水で20%未満に希釈し、必要に応じて調整します。 ペイントエクステンダー(塗料の乾燥を遅らせるメディウム)を追加して、滑らかな仕上げにすることもできます。
 

チョークペイント®でタイルをペイントできますか?
 

チョークペイント®はタイルに付着します。塗装後チョークペイントワックスまたはチョークペイントラッカーで密封する必要があります。艶出しまたは光沢のあるタイルで使用する場合は、完全な硬化期間(ワックスは21日、ラッカーは14日)を考慮し、この間に仕上げに傷や欠けを付けないように注意してください。これは、大量の水や蒸気にさらされたり、化学洗浄剤で頻繁に洗浄されたりすることに耐える仕上げではないことに注意してください。

 


何でも塗っちゃおう  

コンテンツを見る