チョークペイントでお部屋のペイント リノベーション - DIY編

 年齢を重ね、ライフスタイルの変化と共に住まいを進化させ住み心地をよくすること、それが「リノベーション」。業者に依頼せず家族でお気に入りのチョークペイントとブラシひとつでガラッとお部屋のイメージを変えることができます。床や天井であろうと、ビニールクロスの壁であろうと建具や家具なんでもそのまま塗り始めるだけ!! あなたの創造力と情熱で、オリジナリティ溢れる空間が生まれます。色を選ぶ楽しみ、塗る楽しみ、表現する楽しみ、そして住む楽しみ、いろんな楽しみができるのが『ペイントリノベーション』です。楽しみながらペイントリノベーションで暮らしに彩りを与えましょう!!

※英語で”renovation”は「革新、刷新、修復」を意味し、リフォームがマイナスの状態のものをゼロの状態に戻すための機能回復という意味合いに対して、リノベーションはプラスαで新たに機能や価値を向上させることを意味します。よりデザイン性の高いものに改良したり、住環境を現代的なスタイルに合わせて間取りや内外装などを変更したりすることなどが含まれます。

今回のミッション:
私たちが運営する田舎のカントリーカフェを何の物理的改造も加えず、自分たちだけ(カフェスタッフ)で、低コスト、最短時間、そして満足のいく最高の仕上がりを実現することでした。まずは、その激変ぶりをbefore/afterでご覧ください。

before: 1990年にオープンし当時の佇まいのまま維持してきた英国風カフェ。ダークな色合いで重々しい雰囲気の男性的なイメージでした。
英国風カフェ塗装前

after: なんとゆうことでしょう!ペイントのみでシャビー感を表現し、フレンチ風カフェへ、女性的なイメージに180度変身させました。
フレンチ風カフェ塗装後

こんなことができちゃうんです!? しかもDIYで! テーマを決めて創造力を高め情熱を持って楽しむこと! それだけです。
それでは今回のプロジェクトを具体的に見ていきましょう。

1. 床面積:約16平米:チョークペイント オールドホワイト + チョークペイント マットラッカー
2. 壁面積:3面 約37平米:腰板部 (9平米) チョークペイント  パリスグレー
             ビニールクロス部 (28平米) ウォールペイント オールドホワイト
3. 扉面積:約1.8平米 チョークペイント パリスグレー + クリアーワックス
4. 天井面積:約20平米 ウォールペイント オールドホワイト
5. 材料費:56,600円+消費税
  内訳)・チョークペイント;オールドホワイト(1L)x2缶、パリスグレー(1L)x1缶
     ・ウォールペイント;オールドホワイト(2.5L)x2缶
     ・チョークペイント ラッカー;マットラッカー(750ml)x2缶
     ・チョークペイント ワックス;クリアーワックス(120ml)x1缶
6. 作業人員:4名
7. 作業期間:3日間
8. テーマ:フレンチシャビー
 

それではカフェのペイント リノベーションに取り掛かりましょう。
1. 養生:初日
全ての家具を移動させ、まずは30年分の汚れ、タバコのヤニがベッタリついたビニールクロスのクリーニングから始めます。
ここが一番肝心で一番大変でした。ここ10年は禁煙としましたが20年分のタバコのヤニはすごかったです。ビニールクロス用のスプレークリーナーを吹きかけたら恐ろしいほどの汚れが浮かび上がり流れ出しました。
床にはブルーシートを敷き、しっかりとマスカーとマスキングテープを利用して養生をしてから取りかかりましょう。
DIY塗装リノベーション 準備編

2. 天井と壁塗り:2日目
前日の汚れを落とした天井と壁が乾いていることを確認して、天井と壁のビニールクロスにはウォールペイント オールドホワイトを腰板にはチョークペイント パリスグレーを塗装します。
DIY塗装リノベーション ペイント編
 

3. 扉のエージングペイント:2日目
ラミネート加工風の表面ツルツルの木製扉なので、しっかり表面を綺麗にしてハンドル部分をマスカーとマスキングテープで養生してからチョークペイント パリスグレーで全体を1度塗り乾かしてから2度塗りをしました。ワザと半乾きの時に所々塗料を布できつめに拭き取り、塗り残し風のムラを付けました。乾燥後チョークペイント クリアーワックスで全体を保護しました。
DIY塗装リノベーション 扉エージング編

4. 床塗り:3日目
板張りの床は30年間毎年ワックスで手入れをしていたので光沢のあるとても状態のいい床でした。ここにチョークペイント オールドホワイトをワッシュ(洗い)処理でまだらにペイントしていき乾燥させてからチョークペイント ラッカーで上塗りをかけました。ラッカーは2度塗り、一層目は10%の水で希釈して、2時間ほど乾燥させてから2層目は希釈せずそのまま塗布します。乾けば無色透明の膜でしっかりチョークペイントでペイントされた床を保護してくれます。
DIY塗装リノベーション 床ラッカー編

5. 完成:3日目
はい、完成です。一晩しっかり乾燥させれば翌日には家具を入れてお店のデコレーションに取りかかれます。
DIY塗装リノベーション 完成

残った塗料でテーブルや椅子、家具にもペイントして部屋全体をホワイトとグレーで統一することでフレンチシャビー感満載のカフェに激変しました。恐れることは何もありません。失敗したって、上から塗りなおせばいいだけですからね。こんなに簡単に低コストで雰囲気をガラッと変えてくれるリノベーションはペイントリノベーションしかないですよね! ぜひトライしてみてください。
DIY塗装リノベーション フレンチカフェ完成

このフレンチシャビーカフェのコーナーはカフェ グランヒル(三重県桑名市多度町多度2-22-5)内にてご利用いただいております。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。お待ちしております。
 

コンテンツを見る