驚き!家具を素早くヴィンテージにする方法

チョークペイントとブラックワックスを使った簡単エージング塗装 5ステップ

アンティーブサイドテーブル

必要道具

準備する道具:


 

攪拌
 

1.準備:全てはチョークペイントを使用前に十分にかき混ぜることから始まります。 チョークペイントの主成分である炭酸カルシウムは比重が重く底に沈殿しやすいので、塗装前には均一性を確保するためよくかき混ぜる必要があります。








 

2.ペイント:さあ、いきなりペイントのスタートです。 チョークペイントブラシの先端に塗料をつけ、ブラシを縦横無尽に動かし意図的にブラシストローク跡を残します。時にはブラシで塗装面を叩いたり(点描)いろんなテクスチャーを表現します。

塗り方

※ 一つの面白い技法として、塗りムラをつけた厚めの滴や尾根の塗料がほぼ乾燥した段階で、乾いたブラシを使用しその盛り上がった部分をブラシで軽くドラッグして塗料を「引き裂く」ことにより、非常にユニークで興味深いランダムなテクスチャーが生まれます。

引き裂き塗装

3. 乾燥:塗装した質感に満足したら塗料を完全に乾かします。チョークペイントはかなり早く乾きますが、厚めに塗装した部分は中まで乾燥するのに時間がかかるのでヘアードライヤーを使用してプロセスを高速化できます。 この過程でチョークペイントの特徴として塗料にひび割れが入る場合がありますが、そのひび割れもが経年劣化の非常に良い風合いを出してくれます。

乾燥

汚し

 4. 汚し:エージング塗装の真骨頂、ワックス処理。まずはクリアーワックス処理!
塗装した塗料にブラックワックスのしみが入りすぎないようにするため、ブラックワックスの前にクリアーワックスのコートを塗ります。この工程を省くとブラックワックスを塗りすぎた場合に除去することが困難になります。必ずクリアーワックスのコートをおこなってください。

 

明るすぎたり暗すぎたりする部分があった場合は、必要に応じてもう少しブラックワックスを追加したり、クリアーワックスでブラックワックスを拭き取ったりで修正します。


仕上げ

 

5. 仕上げ:決められた作業領域を完成したら、糸くずの出ない布を使用して、余分なワックスを軽く拭き取り、仕上げを均一にします。 拭き取り後、汚したりないなと感じた場合は、もう少しブラックワックスを足して満足のいくまで調整してください。










関連記事:クリアーワックスの役割と使い方
関連記事:チョークペイントのベストパートナー : チョークペイント ワックス

ブラックワックス処理

 ブラシストローク、点描、引き裂き、ドライヤー乾燥によるひび割れの凹凸にブラックワックスが染み入り経年変化の汚れを表現しています。

 

  • 専用のワックスブラシのない場合は布または通常のペイントブラシを使用してワックスを塗布できます。ワックスブラシの使用は必須ではありませんが、面積の広い家具NIエージング塗装をかける場合は専用のワックスブラシを使用するメリットは大です。
  • ワックスブラシ使用後はぬるま湯と家庭用洗剤を使用して洗浄してください。
関連記事:チョークペイントで塗装する最良の方法:ブラシがポイントです!
 
アンティーブベッド

アンティーブファームテーブル
いかがでしたか? チョークペイントとブラックワックスまたはダークワックスさえあれば経年変化のエージング塗装はお茶の子さいさいです。特別な道具も材料も必要ありません。チョークペイントとチョークペイント ワックスで全て完結です。 楽しく、短時間で最高のパフォーマンスをもたらしてくれます。 さあ、エージング塗装、始めましょう!!








 
 













 


 

コンテンツを見る