2014年 第16回 国際バラとガーデニングショーとチョークペイント 

チョークペイントとガーデニングのコラボレーション



アニースローンチョークペイントのカラーパレットに「プロヴァンス」という色があります。南仏プロヴァンスの村を歩いていると扉やシャッターにこの色がよく使われています。テーマをいただいた時に「この色は絶対に使おう!!」と最初に決めました。また、宿泊したホテルのパティオの壁に使われていた色がとても印象に残っていたのを思い出しました。「なんて!なんて植物のグリーンと相性が良いのだろう!!」アニースローンチョークペイントのカラーパレットにあるではないか!そう「スカンジナビアンピンク」です。日本の家屋にあまり馴染みのないカラーです。しかしこれこそ、南仏プロヴァンスを思い浮かべることのできるカラーなのです。バラのツルや葉っぱの緑をとても美しく表現できます。 



ローズアーチをくぐるとそこにはオーガニックの野菜を「食べること」を目的として育てるポタジェがあり、「時よ 止まれ!」忙しい日常生活から家に帰ると、こんな時間を過ごす空間「夢」を再現しました。 アーチのゲートとガーデンフェンスにはグリークブルーを使いました。この色もまた南仏のプロヴァンス地方や、地中海・エーゲ海地方では欠かせない色ですね。



ガーデンの小屋には淡いピンク色のアントワネットの壁にこれまたプロヴァンスの窓枠、そしてオリーブの屋根。背景には主役をしっかり引き立たせる立派な役目があると思います。お庭が美しく見えるように…植物が生き生きとしてして見えるように…自然が創る色とアンースローンチョークペイントのカラーをコラボさせる!なんて素敵なんでしょう〜  



チョークペインとガーデンライフのコラボ。アニースローンの日本初お目見えの機会でもあったので、終始、ワクワクドキドキしていたことが懐かしく思い出されます。
 
使用したチョークペイント カラー
  • プロバンス
  • スカンジナビアピンク
  • オールドホワイト
  • グリークブルー
  • アントワネット     
  • オリーブ

コンテンツを見る