カラー&アクセントチェアー


アニースローン チョークペイントは家具や壁を塗り替えるのに非常に適した水性塗料です。DIYでのリフォームやリノベーションが思いのままに実現できます。

今回はアニースローンギルディングワックスを使って、見飽きたキッチンチェアーに明るく遊び心のある金色のアクセントを加え、簡単に変身させる方法を紹介します。

カラー&アクセント キッチンチェアー

この楽しいアップサイクルプロジェクトは、何でもない椅子に明るさを加え、金色のソックスを履かせることで、椅子そのものを圧倒しない微妙な金属のタッチを与えてくれます。

アニーのアドバイスそれではさっそく塗り始めましょう! チェアー塗装ステップ1−3

ステップ1:イスを研磨する必要はありません。すぐにペイントを開始できます! イスをひっくり返して脚をペイントしやすくします。 ブラシにペイントをつけすぎないで下さい。 より薄いコートを2回行う方が良いでしょう。

ステップ2:塗り忘れがないようにイスを回しながら作業を続けます。 より見栄えが良くなるのでイスの座面下までペイントしましょう。

ステップ3:次に、イスの背もたれ部分の縦棒をペイントします。 少しのチョークペイントで行き届くので、ブラシにペイントをつけ過ぎないで下さい。 私の経験上、椅子は少し面倒なので、思っている以上に時間がかかるので、十分に時間をかけて効率的に作業して下さい。 また、そのペイントプロセスをもお楽しみ下さい!

チェアー塗装ステップ4-5

ステップ4:イスを元の位置に戻し、塗り残している部分ををすべて塗ります。 座面部分は、頻度の高い摩耗に耐えるために間違いなく2層のコートを必要とします。 作業テーブルに椅子を立て立ちながら仕事をするのは楽しいです。 そうすれば、イスを回しながらいろんな角度からチェックできます(その上それは私の背中を救ってくれます!)。

ステップ5:Sサイズのチョークペイントワックスブラシを使用して、クリアチョークペイントワックスを2回塗り、一晩かけて乾かします。 硬化として知られるプロセスでは、溶剤が蒸発するにつれてワックスが硬化し始めます。 硬化には、周囲温度に応じて5〜21日かかります。 いったん硬化すると、通常の摩耗に耐えます。

ステップ6:マスキングテープをイスの脚の下部に貼り付けて、鮮明なラインを作成します。 足をすべて同じ高さにするか、もしくは異なる高さにしても面白いでしょうね。 大きなフラットディテールブラシでアニースローンギルディングワックスのウォームゴールドで塗ります。 乾燥したらマスキングテープをはがします。

いかがでしたか? アニースローン チョークペイントはペイント前の下処理が入りません。お気に入りのチョークペイントのフタを”ポン!”と開け、腕まくりをしてブラシで塗り出すだけです。あとはお好みのまま、ダメージを入れたり、カラーワックスで汚しを入れたり、自由自在です。アニースローン チョークペイントの楽しさを実感してみてください。

準備するもの

■ 1 x 1L チョークペイント ナポレオンブルー
■ 1 x アニースローンギルディングワックス ウォームゴールド
■ 1 x 500ml チョークペイントワックス クリアー
■ 1 x フラットブラシ Sサイズ
■ 1 x チョークペイントワックスブラシ Sサイズ
■ 1 x ディテールブラシ フラットLサイズ
■ マスキングテープ

カラー&アクセントチェアー

6商品

おすすめ順 価格順 新着順

  • < Prev
  • Next >
6商品 1-6表示
  • <
  • 1
  • >
6商品 1-6表示
  • < Prev
  • Next >

コンテンツを見る